水道の配管トラブルを修理するには

水道管からの水漏れは量が多い場合には料金がかさんだり、水が噴き出す可能性もあるため水のトラブルの中でも緊急性が高いものです。逆に、量が少ない場合には発見がしにくく、気づいた時には周囲に被害が広がっていることも少なくありません。水漏れは、壁の中や屋外の配管など見えない部分で起こるケースもあります。水を使っていないのにメーターが回っている場合には、水漏れの疑いが濃厚です。すぐに水漏れ箇所の特定にとりかかりましょう。

■配管トラブルの起こりやすい場所と原因

水道管からの水漏れは、内部の錆や腐食などパイプ自体の劣化が原因です。特に古い住宅では水道管に錆びやすい素材が使われているため、長年使い続けていると錆が原因で水の通り道が狭くなり、水漏れが発生しやすくなります。
使い終わった水を流す排水管からの水漏れは、悪臭や衛生面の問題もあるため、早急に対処する必要があります。キッチンでは食べ物のカスや油、風呂場や洗面所では髪の毛や石鹸カスなどが原因で、配管内部に汚れが蓄積されて汚水が流れにくくなり、水漏れが起こりやすいです。排水管の耐用年数は一般的に10年から15年と言われています。耐用年数が近づいたら、パイプの破損による水漏れが起こりやすくなるので、水道 修理業者に点検してもらうものよいでしょう。また、水道管・排水管のどちらも、接続部分のゆるみが原因で水漏れが起こることもあります。

■配管トラブルの修理方法

配管内の汚れが原因の水漏れは、重曹や洗浄剤などを使い、内部につまった汚れを取り除くことで解決できます。接続部のゆるみは、ナットを締め直せばOKです。ただし締めすぎるとパイプ自体が破損する可能性もあるので、注意する必要があります。ナットではなくボルトが緩んでいる場合は、水道 修理業者に依頼するのが確実です。配管自体が劣化・破損しているときは、パイプ自体を交換しなければなりません。素人の手には負えないので、水道 修理業者に連絡しましょう。
業者に依頼する場合でも、被害の拡大を防ぐための応急処置が必要です。補修用テープなどで破損部分を塞いでおきます。水漏れが起こった場合に備えて、補修用テープなどを用意しておくのもよい方法です。

■まとめ
現在の水道管は、耐水性が高く錆びにくい素材が使用されていますが、長期間使っていれば、やはり経年劣化は避けられません。配管は地震や火事などで破損する可能性もあります。これらの場合には、基本的に水道 修理業者に依頼する必要があると考えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ