水道蛇口のトラブルは修理・交換で解決

キッチンなど家庭の水回りに設置されている水道の蛇口には、主にハンドル混合水栓とシングルレバー混合水栓の2種類があります。ハンドル混合水栓は、冷水と温水を別々のハンドルで操作するタイプです。最近は減っていますが、築年数の古い住宅ではこのタイプもよく見かけます。現在のの主流は冷水と温水をひとつのハンドルで操作するシングルレバー混合水栓です。このタイプにはさまざまな製品があります。
水道の蛇口はプロが取り付けるので、設置当初は不具合が起きることはほとんどありません。しかし、通常の使用であっても長期間使い続けるうちに、水漏れなどのトラブルが起きるようになります。どちらのタイプも、ハンドルやレバーなど操作部分の下と吐水口からの水漏れが多いです。

■蛇口からの水漏れの2つの解決方法

水道の蛇口からの水漏れを解決するには、部品交換などの水漏れ 修理と交換の2つの方法があります。作業の難易度は、タイプにより違ってきます。
ハンドル混合水栓はシンプルな構造のため壊れにくく修理もしやすいのに対し、シングルレバー混合水栓は複雑な構造をしており、ハンドル混合水栓に比べて不具合が起きやすく、直すのも難しいです。蛇口本体の寿命は10年程度が目安と言われており、それ以上経過している場合には、部品が手に入りにくくなります。本体が壊れたり部品が手に入らないときは交換が必要です。修理はもちろん、蛇口 交換も自分でできる場合もあります。自分では難しい場合は、プロに依頼するのがよいでしょう。水道修理業者に頼めば、1時間程度で作業が終わります。

■修理より交換した方がよい場合とは

部品が手に入る場合でも、修理より蛇口 交換がおすすめの場合も少なくありません。耐用年数が迫っている、または過ぎているとき、他の部品や本体自体も劣化が進んでいます。修理しても、今後も故障を繰り返す可能性も高いです。思い切って蛇口 交換した方が、修理の手間と時間が省けるのはもちろん、トータルコストも安く済みます。設置からの年数によっては、交換も考えましょう。
最新式の蛇口は、節水機能やガス代を節約できる省エネ機能にすぐれたものが多くあります。特に大量の水を使うシャワーヘッドの交換は、水の浴び心地はそのままで大きな節水効果が得られます。快適な暮らしを維持しながらランニングコストを抑えられるのが蛇口 交換のメリットです。

■まとめ
本体の耐用年数は目安に過ぎず、実際の寿命は使用頻度によっても違ってきます。修理と交換のどちらを選ぶかは、設置からの年数と使用状況により総合的に判断することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ